VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

自らマイスター(職人)としての技術を持ち、木への理解も深いハンス・ウェグナーは生涯500以上ものチェアーをデザインした。それらを実現できたのは、良いメーカー、職人と出会えた事が大きい。事実、ウェグナーは良いデザイナーになるためには良い職人と共同作業をする事が大切だと公言していたと言う。こちらのGE530ソファーは、デンマークのマットレスメーカーGETAMA社と手を組み1973年に発表されたモデル。

一見すると無垢材を曲げたように見えるアームだが、実は無垢材を5mm程度の厚みに割き、積層させ、熱と負荷を加えながら整形、接着する方法で亀裂一つ入ることなくご覧の通り絶妙なカーブを表現している。アームから床に伸びる脚は、ウェグナーらしい安定感を感じる力強い佇まい。接合部は正面から見た際にアームと同じようにフラットに見えるように設計され、一体感と優美さを演出する。

腰を降ろすと、クッションがお尻、背中を優しく受け入れてくれるソフトな感触。適度な角度がつけられており、上半身は自然と後方へ導かれる。低めにセッティングされたアームはベストな位置で待ちかまえ、椅子が体に馴染むような感覚で読書や映画鑑賞など長時間の着座に最適。全高は低く、視線の抜けも良好でバックショットも大変美しい為、 部屋の中央で贅沢に使用するのもオススメ。太いアームはホールドしやすく力が入りやすいため、立ち上がる動作が随分楽に感じられるだろう。分割されたクッションは、 他の人が座っても干渉されずらいし、たまにクッションをひっくり返したり場所を変えて使えば張生地も長持ちする。

クッション張地、ウレタンフォームは国内にて新規に交換済み。張地は今年で創業68年になるデンマークの老舗生地メーカーDANISH ART WEAVING社 社の「Nice(ニース)」を選択。創業当時のラインナップをいまでも大切にする同社は、一貫した管理の中で行われる紡ぎ、染色、織りから生まれる高品質な生地を提供。そんな50年代の雰囲気をまとったクッションと経年変化したオークフレームは旧知の仲とも形容できるほどに上手に馴染んでいる。

ウールとリネンの混合生地でさらりとした質感がとても気持ちがよい。 Nice生地価格は1mあたり¥15.300/m。張替えには6m必要なので生地代は¥91,800。さらに職人による張替工賃が加わりますが、それらはすべて本体価格に含まれています。良質な天然素材を使用したDANISH ART WEAVINGの生地は、風合いの変化を感じながら末永くご愛用いただけます。


コメント:谷山


2000年のオープン以来、「物質の循環」「自然との共生」をメインテーマに、ヴィンテージ家具の永続的使用を追求し続けています。末長くお使いいただけますよう自社プロスタッフが可能な限りのメンテナンスを施しました。ご検討、ご購入前に下記を一読していただけますようお願いします。

木部補修  生地張替  サポート  木材種類  無断転載について

Sofa
17D09-0049
W2060 D770 H800 SH420 配送料金Fランク
Hans J Wegner / Getama / Denamrk / 1973 / Oak wood
SOLD OUT