JOURNALNews, Feature, Our Neighborhood And more

JOURNAL / FROM HIKE / 月刊ハイク 7月号 2019



シトシト、シトシト。窓の外を眺めれば街の活気は息を潜め、静けさで雨音が心地よく感じられる。雲を透過した自然光はしっとりとして、風のない早朝の湖畔のように心が穏やかになっていく。皆さま、それぞれの自宅でそんな時間を過ごしていることでしょう。エネルギッシュな季節に備えて身の回りのことを整えるにはいい時期です。

私たちが提案する木の家具やラグ、カーテンには調湿効果があります。ファブリック製品は特に上質なウールにその効果があり、ジメジメとした夏には湿気を吸収、乾燥する冬には水分を少しずつ戻してくれて空気まで整えてくれます。半世紀前のヴィンテージ家具、あるいは当時から作られ続けているものが今でも愛されるのは、意匠や希少性だけでなく道具として理にかなった知恵が秘められていることが分かります。過ごしにくい季節こそこうした知恵に気づかされ、先人への畏敬の念を感じます。

ちょうど今月の初め頃、デンマークから買い付けたヴィンテージ家具が届きました。いま私たちのアトリエには新たに入荷したメンテナンス待ちの家具で溢れています。ひとつずつ時間をかけてメンテナンスをしていきながら、ゆっくりとショップ、ウェブでご紹介していきますのでご期待ください。スタッフにお探しの家具についてご相談いただけましたら、店頭以外のメンテナンス中の家具も含めてご提案差し上げることも可能です。

また、フォトグラファー ロバート・キルシュ写真展「Reconnect」が開催されました。会期中、お足元の悪い中たくさんの方々にギャラリーへお越しいただき、自身初の展示会は盛況のうちに終了することができました。ありがとうございました。作家の活動はinstagramでご覧になれますので、今後の活躍にもご注目ください。

最後にマガジンハウス Casa BRUTUS 7月号にてHIKEと昨年末にオープンしたLICHTを紹介していただきました。デザインジャーナリスト土田貴之さんによる記事は6ページに及ぶ充実した内容です。以前に家具をご購入いただいたお客様から記事をご覧になって久しぶりにショップにお立ち寄りいただくなど嬉しいことも。ぜひご来店ください。



PRODUCTS OF THE MONTH (JUNE)

Vintage - Arm Chair - Hans J Wegner
Standard - Side Table - Jasper Morrison
Vintage - Sofa - Borge Mogensen
Standard - Tableware - Raynaud



写真・文章:中島


画像、コメントの無断転載に関して

FROM HIKE

JOURNAL ON 1st JULY 2019

月刊ハイク 7月号 2019